プログラミング的なSomething

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラミング的なSomething

ITエンジニア(?)目線で生活・自転車・トレーニング話を綴ります

再帰関数書いたので記録

def printd(n)
    if ((n / 10) != 0)
        printd(n / 10)
    end
    putc("#{n % 10}")
end
 
printd(123)

再帰関数を書いた。
putcは一文字だけ表示させるメソッド。これまで知らなかったので、まとめられた記事を記載しておきます
http://www.skymerica.com/blog/yotsumoto/arch/2006/11/18/000594.html

よく使うputsはオブジェクトごとに改行して表示するから選んでいたのね。惰性でそのまま使っていたのは改めねば。
n % 10みたいな必ず1桁になる場合くらいにしか使えないけど、putcは知識として押さえておこう。


学習記録ついでに前に書いたfizzbuzzも記録しておこう。
ガーっと書いてテストも見栄えも気にしてないので今見返すと大変汚らしいことになっている。

for i in 1..100 do
  i % 15 == 0 ? (puts "FizzBuzz") : (puts i % 5 == 0 ? (puts "Fizz") : (puts i % 3 == 0 ? (puts "Buzz") : (puts i)))
end

こういう訓練を日常に取り込みたいもんだ。

広告を非表示にする