プログラミング的なSomething

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラミング的なSomething

ITエンジニア(?)目線で生活・自転車・トレーニング話を綴ります

undef_methodによるブランクスレート

メタプログラミングRubyを再読しています。
P101ページにundef_methodにより__id__や__send__を削除した場合のアラートが紹介されていたが、Ruby1.9.3-p342では若干動作が違っていたので記録。例によってGistです。



__id__がobject_idにかわっていただけで、__id__もobject_idも動作は全く同じでした。irbで以下を確認。

> o.object_id
=> 70278575425760
> o.__id__
=> 70278575425760

内容的には何もかわりはありませんが、本と異なる部分を見つけると少し嬉しくなるのは何故なんでしょうか。

広告を非表示にする