プログラミング的なSomething

プログラミング的なSomething

ITエンジニア(?)目線で生活・自転車・トレーニング話を綴ります

夏風邪とこれまでの投資

夏風邪をひきました

最初は前の日の晩にお店でいただいたなめろうかと思いましたが、熱も出てきたので夏風邪と断定。 だいたい3日半くらい調子を落としていました。下痢と腹痛が主な症状。検索かけてみると夏風邪はそれらの諸症状がセットの様子。よもや食中毒かと疑いましたがそんなことはなかった。

インターネットの情報によると、夏風邪も普通の風邪と同じく特効薬などはなく、自然治癒力に任せるのが一番の近道。しかし夏風邪はその方法が厄介で、下痢にまかせて最近を外へ外へ出し続ける必要があります。

家にいる間はいいのですが、会社や通勤路では「下痢の勢いにまかせてうんこしまくる」なんて難易度が高すぎます。さらに会社ではIT企業の悲しさで男性社員に対してあてがわれている便器の数が著しく少ない……。

そんなわけで、結構な苦労をした数日間でした。

自転車の乗れない1週間

いままでは1週間程度自転車に乗れないなんて普通でしたが、ローラー台を買ってからは初の中1週。足回りが細くなり、実際に走っても思うように脚がまわらない状態になっていました。

一見、続けても効果がなさそうな、たった30分のローラー台での練習は、1ヶ月間程度の投資でそれなりの成果はあったようです。

短期間で成果が出ない、一見すると意味のない積み重ねってものすごく大事ですね。(実際は無理ですが)夏風邪の間にL1の負荷で数十分まわせていたら、衰えはわずかだったでしょう。自転車に限らず、意味の見えない小さな投資を増やしていきたいものです。

広告を非表示にする