プログラミング的なSomething

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

プログラミング的なSomething

ITエンジニア(?)目線で生活・自転車・トレーニング話を綴ります

痩せた体はローラーを回すことでしか手に入らない

最近、練習へのモチベーションが下がっている。自戒のためにも現在の状況を記録する。

練習時間は休日も30分

平日はおよそ週2、3回20〜30分でサイクルしているが、休日も同じ練習量なのだ。間違いなく練習不足。完全週休二日制の場合、休日は48時間あるのだ。48時間のうち1時間しか練習できてないのに生きていて恥ずかしくないのか。

外に出て練習していない

実走しないことにはわからない点は多々ある。微妙な道の起伏や傾斜、路面ギャップを耐えるために使われる筋肉は違う。実走で起きる筋肉痛とローラーのそれは種類が異なるという事実を鑑みるに、ローラーだけでは不十分なのは明らかだ

筋トレの単調化

筋トレは以前エントリに書いたメニューをこなしていたものの、単調化し、体が完全に慣れ切ってしまった。

somethingpg.hatenablog.com

筋トレで生じる負荷に対し、体の楽な捌き方を覚えてしまうと、筋肉痛まで至ることもなく、パンプアップ自体起きにくくなってくるのがわかった。メニューを再考し、鍛えるべき部位を外での実走で洗い出すべきなのは明らかだ。

まとめ

完全な反省エントリだが原因はモチベーションの低下と一言で片付けるのは早計だ。

  • 大会やタイムなど明確な目標がない
  • 実走機会が少なく「遅くて/登れなくて打ちのめされる」体験が不足している

卵が先か鶏が先かという話ではあるが、実走機会を設けながら、目標を定めていくのが建設的なのだろう。2016年当初はこんなエントリを書いて、しかも僕の記事の中では読まれた方だったのに、数ヶ月で「目標がないことを見直す」羽目になるとは……。トホホ。

somethingpg.hatenablog.com

まずは肥えた体を戻すところから初めます。まずは目指せ63kg。

広告を非表示にする