プログラミング的なSomething

プログラミング的なSomething

ITエンジニア(?)目線で生活・自転車・トレーニング話を綴ります

汗疱の原因を検証し解決まで至った話

梅雨の時期に汗疱になります

いきなりですが梅雨の前後で汗疱が発生します。汗疱とは指に無数の白いブツブツ(実際は汗が入っている)ができてしまう皮膚の病気です。画像はよそからお借りしました。

http://cdn-ak.f.st-hatena.com/images/fotolife/g/gzutetsu/20120607/20120607084619.jpg

酷いケースの画像は刺激が強いので出しませんが、大体「汗疱 画像」で検索すれば出てきます。

症状

汗が溜まるだけではありますが痒みが伴います。掻き壊してしまって白いブツブツの汗(水分)が皮膚の下から吹き出し、時には出血するケースがあるので罹る人はかなり悩んでいるんじゃないでしょうか。

私は特定の指に季節の変わり目に出てくるので、その度に対策はないものかとインターネットを探し回りますが抜本的な解決策は見つかりません。それは何故かと言うと「皮膚の病気の原因は生活の中にある」からです。

原因を探ってみた

意外に思われるかもしれませんが、超メジャーな皮膚の病気であるアトピー性皮膚炎の原因は不明で、今でも温泉などの民間療法が行われています

特定の原因がないので医者にかかっても対処療法としてステロイドが処方されるわけです。症状が緩和してくれればいいのですが、僕のように季節の変わり目に再発したりします。

でも原因が不明なんでしょ?と思うかもしれませんが、ここから紹介する方法を試したところ明らかに症状が緩和したので紹介します。基本は指に付着する物質を忌避する方針になっています。改善する保証はできませんが実体験から書いております。

原因①食器洗い洗剤

食器洗い洗剤を素手で扱っている方はすぐに止めましょう。これでかなーり症状が改善されます。風呂掃除の洗剤も同様です。

ゴム手袋だと、素手の部分を覆っているゴムに刺激されて痒くなってくるので、中厚手の上記商品に準じたものがオススメです。Amazonでなくてもスーパーに売ってますのでまだ手袋を試してなかった人は是非買ってみてください。

また注意点がありまして、どうしてもゴム手袋は「臭く」なってきます。また、指先もどんどん劣化していくので、いつか千切れてしまいます。消耗品ですので買うときは複数買うと良いでしょう。

原因②洗顔料

モノを洗う洗剤はいいんですが、顔や体を洗う洗剤は素手で行う必要がありますよね。個人的に一番効果があったのが洗顔料でした。

さすがに商品名は明かせませんが、もともと大容量で低価格な商品を使っていました。

その洗顔料を使っていると痒みが増すことに気付き、少々お高いですが低刺激なMINONをチョイス。するとたちまち症状が安定し、医者に処方してもらったステロイドが効いてきました。やはり原則は「皮膚にあたるものを低刺激に」のようで、この洗顔料の変更はかなり功を奏しました。

いかがでしたでしょうか。「皮膚にあたるものを変える」ことで汗疱の症状が緩和するか否かを地道に取り組むことで、ある程度症状をおさえることはできるはずです。まだ試されていない方は是非やってみてください。メールやコメントでの質問もOKです。それでは〜。

広告を非表示にする